「ヒゲを毎日そるのがわずらわしい」。体毛の悩みは、女性に限りません。男性も顔や体のむだ毛に悩んでいます。東京にある男性専門のエステサロンには、スーツ姿の若い男性でにぎわっています。当該エステによると、「20~30歳代の営業職の男性にヒゲを脱毛したい人が多い」という。

そこで、長期間にわたり脱毛効果が持続する「レーザー脱毛」という選択肢になります。しかし、レーザー脱毛は主に医師が施術する自由治療になるので、健康保険は適用されません(全額自己負担)。よって、利用者の金銭的負担が大きいのです。また、レーザー脱毛は利用者にとって痛みもひどく、肉体的負担も大きいのです。そこで、現在、メディオスターが若い男性に人気です。メディオスターは、やはり全額自己負担ですが、従来のレーザー脱毛機器に比べて痛みを軽減しています。従来の「泣くほど痛い」から「ほんのり温かい程度」に変わりました。メディオスターで脛毛(すねげ)を脱毛した30代の男性は「海水パンツをはいた時に見えるすね毛が気になっていた」と語り、「次は、胸毛の脱毛に挑戦したい」と満足そうな様子です。